永代供養にかかる費用

永代供養にかかる費用 永代供養とはその名の通り、遺族やその子孫に変わって寺院や霊園が永代的に供養をしてくれることです。
そのため、身寄りが無い方や故人を供養できる人が居なくなった場合、もしくは費用面での負担が厳しいと感じる人たちから利用されています。
永代供養にかかる費用としては主に2種類あります。
多くの人たちで一つのお墓を使用する合祀の場合は、およそ10万円~30万円程度が目安です。
一方で個人のスペースをきちんと設け、その上で永代供養を行う場合は50万円からの価格が一般的です。
個人のスペースを設ける場合は、そのスペースの広さやお墓の使用、利用するオプションなどによって大きく異なります。
永代供養といっても、合祀にするか否かで金額には大きな違いが出てくることが分かるでしょう。
もちろん、かかる金額に関してはあくまで一般的な平均値です。
立地やその場所の地価によっても違ってくるため、平均的な金額の範囲からはみ出る場合もあります。

今人気となっている永代供養にかかる費用や相場とは

今人気となっている永代供養にかかる費用や相場とは お墓を継承できなくなったり、お墓参りを行けない人に代わって寺院や霊園が管理・供養する埋葬方法を永代供養といいます。
永代という名前を聞くと未来永劫管理してくれると思ってしまいますが、一般的には33回忌までを期限とするところが多くなっています。
また寺院や霊園によっては17回忌・33回忌・50回忌とバラバラですから、事前にしっかりと確認しておくことが大事です。
永代供養を申し込もうと思っている人にとって気になることは予算ではないでしょうか。
費用は納骨の方法や供養の内容によって異なりますが、数万円~数百万円とかなり差があります。
永代供養には分骨型と合祀型の2種類があり、使用料だけではなく施設の管理費用・定期的に行われる法要へのお布施などの費用がかかる場合がありますから、必ず確認しておくことが大事です。
永代供養は将来にわたって長く供養をしてもらうことになりますから、きちんと供養をしてくれる寺院や霊園かを見極めることが大切です。