永代供養の「永代」はいつまで?

永代供養の「永代」はいつまで? 永代供養は、江戸時代に強制的に開始された檀家制度に基づき寺院が存続する限り半永久的に供養し続けるのが基本ですが、拝金主義が根底に存在する現在の葬儀業界や仏教界では明確な期限を策定していない事から運営側が勝手に期間を決定する事が出来ます。
その為、永代供養の期間に関して訴訟を起こしている遺族も少なく無く、契約時にいつまで供養をしてもらえるのかを確実に確認しておく事が必要不可欠です。
永代の解釈は、3回忌の年忌法要を終えると合葬してしまう拝金主義的な寺院から33回忌の年忌法要までしっかりと供養する寺院もあり、事前にしっかりと調べれば希望にあった永代供養を運営している寺院を見つける事が出来ます。
しかし、永代供養は供養期間の確認だけで無く供養期間内の供養回数や期間終了後の更新の有無なども確認する必要があり、特に彼岸やお盆の供養が個別なのか合同なのかも明確に確認しておく事が後々のトラブル回避と故人への手向けとなります。

永代供養付きのお墓や納骨堂で決まっている期限とは

永代供養付きのお墓や納骨堂で決まっている期限とは 少子化のため、お墓を管理する人がいなくなるケースが増えている最近では、永代供養のサービスがある寺院や施設が注目を集めています。
これらは子どもや孫がいない場合でも管理や供養を任せておけるとして人気ですが、どのくらいまで管理・供養をしてもらえるのかという疑問を持つ人も少なくありません。
永代供養には「永代」という名称がついていますが、お墓や納骨堂に納めたお骨がそのままの場所で供養してもらえる間には期限があります。
長さはそれぞれの施設や寺院によっても違いがあり、申し込み時に選べることもあります。
このような場合、一定の期間が過ぎるとお墓や納骨堂に安置されていた遺骨は、他の利用者と一緒に合祀され供養されることになるのが一般的で、長い場合33回忌であることが多いでしょう。
また中には、一定期間、個別のお墓や納骨堂に安置し、その後合祀するのではなく、最初から合祀するタイプの永代供養もありますが、この場合は当然期限はありません。