手間がかかるポイント

手間がかかるポイント 永代供養は、利用するシステムによって手間が違います。
一般的な永代供養は、お墓を作ってもらってそこで供養をしてもらうことで成り立ちます。この場合、確かにお墓を作ってもらって管理していくことになりますので、そのための費用が必要になりますし維持管理についての手間を考えていく必要もあります。一方で、永代供養の中でも納骨堂などを利用したシステムの場合は、手続きや参拝、あるいは維持管理に関して無駄なことを一切しなくても良いという大きな利点が存在します。納骨堂などの室内施設を利用する場合には、その施設を管理している企業やお寺が管理することになります。もちろん、運用してもらうための費用を支払う必要はありますが、維持管理について家族側で作業を行わなくてはいけないわけではありません。それまでのお墓を利用した方法では、残された家族がお墓という現実的な暮石を掃除したりする必要があるわけですから、この違いはとても大きいです。そのため、永代供養でも管理が必ず面倒になるわけではないということを理解しておくことです。

永代供養ができるお寺を探す人が増えている

永代供養ができるお寺を探す人が増えている 少子高齢化が進んでいる日本では、後継ぎがいない家庭が増えています。先祖代々のお墓も自分の代でお終いになる人も多いのではないでしょうか?
大きなお墓があっても墓参りや掃除をする人も無く、荒れてしまっているお墓も目に付きます。せっかくご先祖様の作ったお墓なのですが、引き受け手がなければ荒れるのも仕方ないですね。又、遠方に引っ越された場合もご先祖様の供養は大変です。近くに墓石を運搬する訳にもいきません。そこで助けになるのが永代供養をしてくれるお寺を探して、元々のお墓は墓終いをすることです。大変残念な話ですが、時代の流れで致し方ありませんね。通常のお寺には宗派があって、そのお寺の氏子が利用します。しかし、現代では宗派に関係なく永代供養を引き受けているお寺も数多くあります。たとえ宗派が違っても、同じ仏教であればみな平等に受け入れていただけるのがとてもうれしいですね。将来を考えて墓終いを進めることも終活の一つです。