永代供養を依頼する際に

永代供養を依頼する際に 近年問題になっているのが、お墓の管理です。お墓の継承で悩んでいる方は永代供養を選ぶ方も多くなってきています。それは、メリットがあるからです。お墓を立てる費用がかからないとか、お墓の管理に家族や子孫が縛られなくて済むなどの様々なメリットがあります。そうしたメリットのある永代供養を利用する場合に必要な書類を用意しなければいけません。契約をする際に用意する書類は、結構数があります。

その書類の具体的なものは、戸籍謄本や印鑑証明書そして身分証明書などです。さらに申込書と使用許可願書そして使用誓約書なども必要になります。意外と必要な書類は多くありますので、前もって時間ある時に揃えておくことが大事です。それに戸籍謄本や印鑑証明書などは市区町村の役所で手続きをすることになりますので、平日に行く必要があります。自宅近くにあればすぐに取りに行くこともできますが、離れている場合には時間を作って取りに行く必要があります。

事前に明確にしておく必要がある永代供養の疑問点

事前に明確にしておく必要がある永代供養の疑問点 永代供養は、寺院や霊園が故人のご遺骨を預かり管理する近年注目されている供養方法ですが、方法や期間及び費用が寺院や霊園によって大きく異なるので事前に漏れなくしっかりと事前に確認する事が必要不可欠です。永代供養には、故人のご遺骨を単独で管理する個別型と他のご遺骨と共に管理して行く合葬型の2種類があり、合葬型は一般的に他の人のご遺骨と混ざってしまうので後に取り出す事が不可能です。

個別型は、韓国ドラマで見かける下駄箱にガラスを嵌めた様なロッカー型から一般的な埋葬方法と何ら変わらない墓石型まで様々な方法がありますが、現在ではカードをかざすと自動的にご遺骨と位牌が搬送される機械式納骨堂が人気となっています。永代供養は、供養期間が1番の問題とされており、一般的に費用が安い寺院や霊園は期間が短い傾向が見られます。その為、契約する前に供養期間を明確にする必要があり、供養期間終了後に更新契約が可能なのかも確認しておくと後の憂いがなくなり安心です。